新大阪駅へ車でお迎えするコツ!送るときとの違いとは?

妻が子どもと一緒に、東京の実家へ帰省することになりました。我が家は大阪在住なので、東京へ行くには新大阪駅から新幹線に乗ることが多いです。

そして、そんな事情から、新大阪駅までよく車で送り迎えをします。

実は、新大阪駅へ車で行くのって、ちょっとコツが要るんです。

そんなわけで今回は、初めて新大阪駅へ車で送迎される人のために、気をつけたいポイントをまとめました!

 

お迎えなら駐車場へ!

新大阪駅へ車で行くときの最大のポイント。それは「お迎えなら近くの駐車場に停める」ということです。

なぜかと言うと、駅に直結する降車レーンでは、降車しかできないからです……。

ここで言う「降車レーン」というのは、一般的な駅で言うと、駅前のロータリーみたいなもの。ですので、逆に言うと、この降車レーンで降りてもらえば、新幹線の改札までは超スピーディに行けます!

降車レーン

つまり、新大阪駅へ車で送り迎えするなら……

  • 送るときは、駅直結の降車レーンを使うと便利!
  • お迎えでは、降車レーンが使えないので駐車場へ!
ということになります。

ですが、これだけだとよくわからないと思うので、詳しく説明していきますね(^^)

スポンサードリンク

新大阪駅前の4つのレーン

新大阪駅へ車で行かれるなら、おそらく新御堂筋(国道423号)を通られると思います。この新御堂筋からは、新大阪駅の駅前へ直結する車線が出ていますので、そちらを通って下さい。
(北側からお越しの場合は一番左の車線、南側からお越しの場合は一番右側の車線になります)

そうやって新御堂筋から新大阪駅へ進入すると、こんな感じで4つのレーンに分かれます。

新大阪駅前4つの車道レーン
(この写真は新大阪駅の北側から来たときの標識ですが、南側からでも同様の標識が立っています)

左2つはタクシー専用レーンなので、自家用車は右側2つのレーンを通ることになります。

 

お迎えなら「通過レーン」へ

お迎えの場合は、一番右の「通過レーン」を通ってください。

通過レーン

この「通過レーン」を通り抜けた先に駐車場がありますから、そちらへ車を駐めて、駅へお迎えに行って下さいね(^^)
*駐車場については、コチラの記事で詳しく説明しています!

通過レーン

それと、これは後ほど詳しくお話ししますが、改札やホームまでお見送りに行かれる場合も「通過レーン」で駐車場へ向かって下さい。(降車レーンを利用できるのは、「降車のみ!」という場合だけなので(^^;;)

 

降車だけのお見送りなら「降車レーン」へ

降車だけのシンプルなお見送りの場合は、右から2つ目の「一般車(降車)レーン」へ入ってください。

降車レーン

すると左側に降車場が見えて来ますので、新幹線に乗られる人は、そちらで降りて下さい。この降車場で、お別れ&お見送りになります!

降車とお見送り場所

 

降車レーンから改札はすぐ!

降車レーンで降りると、そこからすぐに駅へ入って行けます。しかも、入り口の扉を開けると、新幹線の改札がわかりやすく見えてきます。

降車レーンから新幹線の改札までは、ものの1分で行けるでしょう。

ですので、これから新幹線で旅立つ人を送る場合には、この降車レーンを使うのが便利なんです♪

スポンサードリンク

降車レーンは「さよなら」の場所

「あれ? でも、降車レーンで見送ったらそれきり?」

となられるかもしれませんが……

 

はい、その通りです。

 

降車レーンは文字通り「降車」しか出来ないので、即座に車を発進させなければなりません。

降車のみ

ですから、車を運転してきた人が改札やホームまで見送りたい場合は、この降車レーンではダメなんです(>_<)

 

ゆっくり見送りたい場合は?

もし改札やホームまで一緒に行ってお見送りされたい場合は……すみません!この降車レーンは使えません(>_<)(←僕はなぜ謝っているのでしょう?)

ゆっくりお見送りされたい場合は、駐車場に車を置いて、そこから駅へ行く必要があります。

新大阪駅前の駐車場

我が家も今回、駅前の駐車場を利用しました。

まだ子どもが小さいのと、改札まで僕が荷物を運びたかったので、駐車場に車を置いて、そこから改札まで見送りに行ったのです。

降車レーンで見送るとバタバタしますし、旅立つ妻と子どもの顔をしっかりと見ながら送りたいですからね(^^)

 

新大阪駅での車送迎のコツ(まとめ)

というわけで、改めてポイントをまとめますと……

  • 駅前で降車するだけの見送りは、降車レーンへ
  • 改札やホームまで行ってゆっくり見送る場合は、駅前駐車場へ
  • お迎えの場合も、駅前駐車場へ

ということになります。
*駐車場についての詳細はコチラの記事へどうぞ☆

この3つのポイントと、4つのレーンの使い分けをご注意いただければ、新大阪駅での車の送り迎えはスムーズに出来るはずです!

あ。あと、この通過レーンや降車レーン付近の周りは、タクシーがやたら多いので、その点にもご注意ください〜〜〜〜〜

大切な人の旅立ちやご到着のために、しっかりと安全に送り迎えされて下さいね(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ