河津桜をライブカメラで!駐車場の混雑回避にも

◆河津桜とは?

河津桜(かわづざくら)の季節です。

「え? 河津桜って何?」

そんな疑問を持たれるかと思います。

河津桜というのは、
静岡県の「河津町」で咲く特別な桜のことです。

河津町は伊豆半島の東岸に位置しているのですが、
1955年、通常の桜とは違った交雑種である
この河津桜の原木が見つかりました。

今では、河津町に多く植えられているのですが、
その花の色は美しいピンク色

また、2月上旬から開花し始め、
3月の上旬頃に満開になります。

つまり、通常の桜よりもかなり早く花が咲き、
しかも一ヶ月間も花を見られるという桜なのです。

ohanami_sakura_zensen

今では、この河津桜も、その珍しくも美しい光景で
全国に知られるようになり、毎年、この開花時期に
「河津桜まつり」というイベントも開かれるようになりました。

この期間には、全国各地から観光客が訪れ、
ピンク色にあふれる河津桜の光景を楽しんでいくのです。

 

◆僕たちの思い出

すごく個人的な話になってしまいますが、
管理人夫婦にとって、河津桜には思い出が詰まっています。

結婚する前、交際を始めたころ、
二人で初めて旅行して訪れたのが「河津桜まつり」だったのです。

ですので、今でも、2月から3月にかけての季節になると、

「また河津桜を見に行きたいね~~~」

という話になります。

ある意味、河津桜は僕たちを結びつけてくれた花でもあるんです。

ですが、今の僕たちは、河津桜を見に行けません。

なぜなら、子どもが生まれたばかりで、
多くの人で混雑するところには行きづらいからです。

そんな中、

「手軽に河津桜を楽しめる方法はないものか?」

「あの頃の思い出をもう一度味わえないか?」

と考えていたところ……

ありました!!!!

 

◆河津桜ライブカメラ

河津桜の様子をインターネットで
ライブ中継しているサイトを発見したのです!!

コチラ⇒http://www.kawazuzakura.net/sakuralive.html

・河津桜まつりのメイン会場

・河津桜の原木

・河津桜駅を降りて、河津川沿いまでの桜並木

・河津七滝温泉郷

この四つの箇所から、USTREAMを使って
桜の様子を配信してくれているのです。

妻と一緒に見て、少し感動しました。

やっぱり、あの独特のピンクの花は
思い出に強く残っているので、
こんな風にライブ映像で見られることは
非常にありがたかったのです。

(もちろん、いくつかのサイトで
 河津桜のキレイな写真も見ましたが、
 やはり人が歩く光景や花が揺れる様子なども
 見ることができると、臨場感が違いますね)

そんなわけで、僕たちの住む大阪から
はるか伊豆の河津桜を
リアルタイムで楽しむことができたんです。

桜というのは、春の訪れを告げてくれるものであり、
こんな風に、早い時期から桜を見られると、
寒さを忘れるくらい気持ちもあったかくなりますね。

こんな風に、遠隔地にいながら
河津桜を楽しめるなんて、
このライブカメラには感謝なのでした☆

(妻は「余計に見に行きたくなったーーー!」
 と言っていますが……(^^;)

 

◆駐車場の混雑を避けるためにも……

そういえば、僕たちが河津桜まつりを
訪れたときのことを思い出すと、

駐車場探しに苦労した記憶があります。

やはり観光名所となっていて、
たくさんの人がこの季節に一気に訪れるので、
駐車場がいっぱいになることが多いのです。

ですので、もしこれから行かれる方には
お車よりも電車で行かれることをオススメします。

もしお車で行かれる場合も、
事前に調べてからお出かけになられてくださいね!

あ。調べるというのは、
駐車場の場所を確認していただくのが一つ。

*駐車場の場所についてはコチラ
http://www.kawazuzakura.net/access.html

そして、もう一つは、先ほどのライブカメラ

桜の様子が見られるのはもちろんのことながら、
混雑の様子についてもリアルタイムで見られます

ですので、お出かけの前や現地に近づいたときに、
ライブカメラの様子をチェックしておく。

そうして、混雑が激しいようなら、
「少し離れた場所で駐車場を探す」
といった対応を取れば、スムーズに
河津桜を楽しむことができるはずですよ!!

今はインターネットの時代。

ライブカメラをただ鑑賞するために使うのではなく、
混雑状況を知り、駐車場探しに役立てるためにも
ぜひぜひ活用してくださいね!!

*ライブカメラの映像はコチラ
http://www.kawazuzakura.net/sakuralive.html

普通の桜より一足早く幸せを届けてくれる河津桜。

あなたにも、ぜひ楽しんでいただきたいです!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ