ETCの割引をお盆に活用する秘訣はコレ!!

お盆は車で東京へ?

「お盆は車で東京へ帰省しようかー」

夫婦の間で、チラリとこんな話が出ています。

あ。僕たちは大阪に住んでいるのですが、妻の実家が東京なのです。子どもも小さいので、車で大阪から東京へ行こうという話なのですが……

「そんなんしたら、高速道路代めっちゃ高いんちゃうん?」

「でも、ETCあるから安くなるんでしょ?」

「あ、そっか……もしかしたら、お盆の割引もあるかもね!」

ということで、ETC割引をお盆に活用する秘訣を調べてみました!!

スポンサードリンク

ETC割引をお盆にフル活用するには?

結論からお伝えすると、ETC割引をお盆に活用する秘訣は、一番長く走る高速道路を深夜0〜4時に通過する!ということです。

お盆にETC割引を活用するなら深夜

たとえば、大阪から東京へ行くなら、「新東名」や「東名高速道路」をメインに走行しますが、そこを深夜0時〜4時のいずれかの時間に通行するのです。

すると、ETC割引の「深夜割引」が適用され、30%割引になります!!(深夜割引が適用されない区間もありますが、NEXCOが管理する道路なら、ほぼ適用されます♪)

次から詳しく説明していきますね(^^)

 

お盆は「休日」じゃない

ETC割引には「深夜割引」以外にも「休日割引」があります。土・日・祝日なら軽自動車と普通車が安くなる制度ですね。

*ETC割引を詳しくまとめた記事はコチラ↓
『高速道路のETC割引とは?料金のウラ事情が見えた!』

 

お盆は休日じゃない

ですが実は、お盆って暦の上では祝日ではありません。慣習的に民間企業はお休みになることが多いですが、お役所などはフツーにやってるんですよね(^^;;

だから、お盆だからと言って「休日割引」は効かないんです!!

もちろん、土日と重なると「休日割引」は効きます。2016年は8月13日が土曜日、14日が日曜日ですから、この2日間は終日「休日割引」が使えます!

 

「深夜割引」を推す理由

それに、僕が「深夜割引」をプッシュする理由は他にもあります。実は、東京や大阪の大都市圏には「休日割引は効かないけど深夜割引は効く」という区間があるんです。

大阪から東京へ行こうとしている我が家としては、大阪と東京の近郊区間で安くなる「深夜割引」は非常に有難い……。この点でも、深夜割引をプッシュしたいんです(^^)

「深夜割引」は東京・大阪の大都市圏でも割引が効く場合がある

渋滞を避けるためにも

また、お盆の高速道路は毎年 渋滞します。もし渋滞にはまったら、めちゃくちゃ時間がかかりますし、同乗している妻や子どもの負担も大きくなりますよね。

渋滞を避けるためにも、深夜を狙うのが効果的と言えるでしょう。

スポンサードリンク

どれくらい安くなるのか?

じゃあ、実際にどれくらい安くなるのか? 大阪から東京へ行く我が家のケースで、シミュレーションしてみました!

NEXCOさんの「高速料金・ルート検索」ページで、出発ICと到着ICを入力すると、我が家の場合……

【出発IC「岸和田・和泉」→到着IC「羽田」】

  • 通常料金(ETCなし)……11,310円
  • ETC料金(深夜割引ナシ)……10,750円
  • ETC料金(深夜割引アリ)……7,850円

という結果になりました(複数のルートが検索されましたが、一番安いのに絞りました)

ETCなしの通常料金より安くなるのは当然なのですが、フツーに昼間に行くするよりも深夜に通行する方が

10,750円 − 7,850円 = 2,900円

 

つまり、大阪〜東京の高速料金は、ETCの深夜割引を使えば3,000円近くも安くなる!!ということになります。

これは片道ですから、往復では6,000円近く安いです♪

 

深夜0〜4時のどこかでOK

そして、更なるポイントは、全区間を深夜0〜4時の間に走り切らないといけないわけではないということ。0〜4時のどこかの時間帯で通行していればOKなのです。

たとえば、「深夜割引」の適用区間に入ったのが3時半で、その後、7時に高速道路を降りたとしても、対象区間全てが30%割引になります♪

ただ、高速料金は色々と複雑なので、ご自身でも事前に確認して下さいね!

*料金の検索はコチラで出来ます↓
http://www.driveplaza.com/traffic/search/

 

まとめ(安全運転で!)

いかがでしたでしょうか? ETC割引をお盆に活用するポイントをまとめると、

  • お盆は休日ではないので「深夜割引」(30%割引)を使おう!
    (お盆が土・日・祝日に重なる場合は「休日割引30%」が終日適用できる)
  • 「深夜割引」だと大阪・東京の近郊でも割引が効くケースがある
    (「休日割引」は大都市近郊では適用されない)
  • 大阪〜東京で割引が効くと、往復で6,000円近く安くなる
  • 深夜0〜4時のいずれかの時間帯に通行すれば、対象の全区間が割引になる
    (全ての区間を0〜4時の間に走り切らないといけないわけではない)

ということになります☆

くれぐれも安全運転で!

ですが、最後にお伝えしないといけないのは、「くれぐれも安全運転で!」ということです。深夜になると、居眠り運転のリスクが高まりますし、スピードを出す車も多いでしょう。

ですので、「深夜割引」を活用される場合は、ご自身とご家族の安全を第一に走行してくださいね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ