日本三大夜景はどこ?いつ誰が選んだの?

六甲山からの夜景

先日、家族で神戸の六甲山へ出かけ、夜景を見てきました。

そのときに「日本三大夜景」と書かれた看板を見つけたのですが、この日本三大夜景って一体どこなんでしょうか?

その上、他に「日本新三大夜景」という言葉も見かけました。

「ん?どれが正しいの??」

「誰がいつ選んだものなの?!」

そんな感じでめっちゃ気になったので、調べてみました!!

スポンサードリンク

三大夜景のリスト

日本三大夜景とはどこなのか? 誰がいつ決めたのか? まず、この表をご覧ください!!

 どこ?誰が決めた?いつ?
日本三大夜景
  • 北海道函館市
  • 兵庫県神戸市
  • 長崎県長崎市
不明不明
新日本三大夜景
  • 福岡県北九州市
  • 奈良県奈良市
  • 山梨県甲府盆地
「夜景倶楽部」の有志2003年
日本新三大夜景
  • 長崎県長崎市
  • 北海道札幌市
  • 兵庫県神戸市
一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー2015年

これが、日本三大夜景の全貌です。

 

「え?“三大夜景”って三種類もあるの?」

「“新日本三大夜景”と“日本新三大夜景”って違うの?」

となられるかもしれませんが、実はそうなんです(^^;

 

こんな風に、日本三大夜景には3種類あって、しかも、選ばれる場所も選ぶ人(団体)も違うのです。

次から、詳しくご説明していきます!

 

「日本三大夜景」とは?

まず最初に、“新”が付いていない「日本三大夜景」ですが……

  • 北海道函館市の函館山からの夜景
  • 兵庫県神戸市の摩耶山掬星台からの夜景
  • 長崎県長崎市の稲佐山から望む夜景

の3カ所です。

ただ、誰がいつ決めたものなのかは不明です(>_<)。Wikipediaにも

日本の夜景の中でも特に美しいとされる3か所、函館、神戸、長崎の夜景。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本三大夜景より引用

といった情報だけですし、先日、僕が神戸の摩耶山へ実際に行ったときも……

摩耶山掬星台は日本三大夜景の一つ

こんな看板があるだけで、誰がいつ決めたものかはわかりませんでした。

ただ、かなり年季の入った看板でしたし、ネット上で調べる限り、かなり古くから(少なくとも高度経済成長ごろから)、夜景の綺麗な場所として認知されていたと推測されます。

スポンサードリンク

「新日本三大夜景」とは?

では、次の新 日本三大夜景」ですが、

  • 福岡県北九州市の皿倉山からの夜景
  • 奈良県奈良市の若草山から夜景
  • 山梨県吹川フルーツ公園からの甲府盆地の夜景

の3つとなっています。

「なんかマイナーなとこばっかだね……」

「てか、フルーツ公園って……マニアック!!」

ええ。そうなんです。かなりマイナーでマニアックだと思います(^^;;

その原因は、この新日本三大夜景が、民間のサークル「夜景倶楽部」が決めたものだからでしょうね。

この「夜景倶楽部」……1997年に発足して、かなり長く活動されているのと、会員数1500人以上にも及ぶ団体さんです。夜景ファンの集まりとのことですが、民間の活動でこれだけの規模というのはスゴイですよね!

で。先ほどの3つのスポットは、「夜景倶楽部」の有志の方々が、夜景の美しさをもっと多くの人に広めるため、2003年4月に選定・公表したものなのです。

*公式サイトはコチラ→ http://yakei.jp/official/
(コチラのサイトでは、「新日本三大夜景」だけでなく「夜景100選」も公開されています。お近くの夜景スポットを探すのに、めちゃくちゃ便利ですよ〜〜〜)

 

「日本新三大夜景」とは?

では、最後の「日本 新 三大夜景」ですが……

  • 長崎県長崎市
  • 北海道札幌市
  • 兵庫県神戸市

の3つです。

日本新三大夜景は2015年に決定

実は「日本新三大夜景」の正式名称は、「日本新三大夜景都市」。他の二つが「○○から見える景色」なのに対し、「日本新三大夜景」は“都市”を選定しています。

ですので、神戸市であれば、「六甲ガーデンテラス」や「天覧台」「摩耶山掬星台」などの複数の夜景スポットを含んでいるんです。(一方、“新”のない「日本三大夜景」の神戸市は、「摩耶山掬星台」の1スポットのみです)

 

で。これは誰が選定したのかと言うと、「一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー」。なんとも仰々しい名前ですが、要するに、事業団体が決めたものということです。

夜景観光コンベンション・ビューローには、各地の観光課や観光協会、NEXCOなどの道路管理会社、鉄道会社、テーマパークや展望台が、賛同企業として名を連ねており、夜景観光のコンサルティングなども行うなど、完全に“事業”として活動しているようですね。

 

その夜景観光コンベンション・ビューローが、2015年10月に選定・発表したのが、「日本新三大夜景」なのです。

なお、この「日本新三大夜景」は3年ごとに更新されます。時代の変化に合わせていくというわけですね。次の更新は2018年なので、どんな都市が選ばれるか楽しみです♪

*日本新三大夜景の公式ページはコチラ→ http://jptop3.yakeikentei.jp/

 

「新日本三大夜景」と「日本新三大夜景」の違いは?

20160725date07

さて。ここで気になるのが、

「“日本三大夜景”と“日本三大夜景”ってどう違うねん?」

ということ(僕は、めっちゃ気になりました(^^;)

というわけで、一言で違いを言ってしまうと、

「純粋な民間サークルか?ビジネスが絡む事業団体か?」

ということです。

 

ビジネスで選ばれた?「日本新三大夜景」

日本新三大夜景を選定した「一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー」には、賛同企業がたくさん関わっていますし、「夜景鑑賞士検定」という独自の有料検定も運営されています。

しかも、日本新三大夜景を選定するための投票は、夜景鑑賞士の資格者から募ったとのこと……。

あくまで個人的な感覚ですが、色々と“オトナの事情”というか、ビジネスちっくなニオイを感じてしまいました( ̄▽ ̄;(あ。別に否定しているわけじゃないですよ!こういう経済活動って、大事なことですから!!)

 

マニアックな愛を感じる「新日本三大夜景」

一方で、「新日本三大夜景」は、夜景ファンの集まりである「夜景倶楽部」が選定しています。つまり、純粋に夜景を愛する人たちが選んだということですね。

ですので、選ばれている場所も、かなりマイナーというかマニアックですよね? 正直なところ、一般受けしそうな場所がありません。

とはいえ、だからこそ「新日本三大夜景」は、事業とかビジネスとか関係なしに「夜景が好き!」という純粋な想いで選ばれたものと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? もう一度最後に表にまとめますと……

 どこ?特色
日本三大夜景
  • 函館市
  • 神戸市
  • 長崎市
いつの間にか広まった
日本三大夜景
  • 北九州市
  • 奈良市
  • 甲府盆地
夜景ファンが純粋に選んだマニアックな場所
日本三大夜景
  • 長崎市
  • 札幌市
  • 神戸市
事業団体が選んだ(ビジネスが絡んでる)

という感じになります。

ご紹介した場所の近くへ行かれたときは、ぜひ夜景を楽しまれて下さいね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ