摩耶山掬星台へのアクセス!車で近づくと危険なワケ

20160725date07

日本三大夜景の一つである神戸の摩耶山(まやさん)にある掬星台(きくせいだい)。

先日、僕も家族で夜景を見に行って来ました。ですが、地元の人と話すと「掬星台に車で近づくと危ない」とのこと。

「え?夜景スポットなのに、車で行かれへんの?!」

「危ないってどういうことなん?」

そのワケを現地でじっくり調べたので、アクセス情報と共にご紹介していきます!

スポンサードリンク

掬星台には一般車両進入禁止

まず、「車で近づいてはいけない」とはどういうことかと言うと、

掬星台の手前の道路 約500mは、一般車両進入禁止!!

ということです。

掬星台の近くへは一般車両進入禁止!

夜景が見える展望台の真下まで路線バスは入っていけるのですが、自家用車は入っていけないのです。

 

車で進入すると危険な理由

そして、「危ない」という理由は、その道路で一般車の事故が多いからです。

「一般車両進入禁止」ですが、フツーに道路が続いているので、気づかずに進入してしまう車が多いんですね。(知ったうえで入る車もあるかもしれませんが……)

普通の道路に見えますが、自家用車は入ってはいけません!

ですが、この道は道幅が狭く、カーブも多い……。しかも、街灯が整備されておらず、夜は見通しが悪い……。そんな理由からか、進入した車同士での事故が発生しているのだそうです。

 

掬星台で事故になると厄介

あ。ここまでの情報は、現地にいた おっちゃんから聞いた話です(プライバシーの関係で詳しいことは書けませんが、近辺の道路に詳しい旨をお聞きしました)

僕自身が事故現場を見たわけではなく、あくまでも伝聞ですが、現地の道路を見ると「ありえるなー」と感じています。

それに、おっちゃんによると……

  • 進入禁止の道路で事故すると、保険が降りにくいらしい
  • よく保険屋も見に来てるけど、どうしようも無いらしい
  • 進入禁止の道に入っただけで、警察から違反切符を切られることもある
  • 車上荒らしも多いから、色々なトラブルを耳にする……

とのことです。

もちろん、“ウワサ”の域を出ませんが、車で行くのであれば十分に注意したいですね!

 

掬星台から徒歩10分の駐車場

「じゃあ、掬星台には車では行かれへんの?」

と思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。

あくまで、掬星台直前の約500mの進入路に入っていけないだけであって、その手前までは車で行けます。

そして、進入禁止になる道路の直前にコインパーキングがあるので、そちらに駐車すればOKです!

 

【掬星台(天上寺前)駐車場】

 

駐車場の料金など

駐車料金は1回500円で24時間営業

  • 駐車料金:1回500円
    (時間制ではなく1回あたりの料金。24時間まで)
  • 駐車可能台数:85台
    (ただし、行楽シーズンの夜は満車になりやすい)
  • 営業時間:24時間営業

*公式情報はコチラ

駐車場から掬星台までは、およそ徒歩10分。ここを歩く間にも、大切な人との距離が縮まりますよ♪

 

懐中電灯があると便利!

ですが、先ほどお伝えしたとおり、車上荒らしが多いところになりますので、貴重品は車の中に残さないようにしましょう!

車上荒らしに注意!懐中電灯があると良いです

また、駐車場から掬星台への道は街灯が少ないので、懐中電灯を持っていくのがオススメです!!

スポンサードリンク

バス・ロープウェイでのアクセス

「あー。でも、そんな場所やったら、クルマはやめとこ……」

となられた場合には、公共交通機関でのアクセスもあります(^^)

JR灘駅前」「阪急王子公園南」のどちらかから『坂バス』(みなと観光バス)に乗り、『まやビューライン』でケーブルカーとロープウェイで登るルートが便利です♪

区間料金所要時間運行間隔詳細情報
「JR灘駅前」
「阪急王子公園南」

「摩耶ケーブル下」
210円
(110円)
約7〜12分20分
間隔
坂バス
「摩耶ケーブル駅」
 ↓
「虹の駅」経由
 ↓
「星の駅」
880円
(440円)

往復1,540円
(770円)
約25分
(乗り換え時間も含む)
20分
間隔
 まやビューライン

「星の駅」から掬星台はすぐです!

 

ロープウェイの運行時間に注意!!

ただし、『まやビューライン』の運行時間にはくれぐれも注意してください!!

まやビューラインの運行時間に注意!

毎週火曜日が定休日(夏季は無休)

ロープウェイの最終時間は……

  • 春(3/20〜7/19)→平日17:30 / 土日祝20:50
  • 夏(7/20〜8/31)→全日20:50
  • 秋(9/1〜11/30)→平日17:30 / 土日祝20:50
  • 冬(12/1〜3/19)→平日17:30 / 土日祝19:50

 

【補足】
神戸市街から摩耶ケーブル駅へ行くには、『坂バス』以外に『神戸市バス』を使うルートもあります。
このルートで阪急・阪神の『六甲まやレジャーきっぷ』を使うと、おトクになりやすいです。
ですが、バスの本数が『坂バス』に比べて少ないのと、期間限定のチケットのため、この記事ではオススメしていません。
六甲山牧場など他のスポットで遊ばれてから掬星台へ行かれる場合は、この『六甲まやレジャーきっぷ』が便利でおトクです☆

 

六甲山牧場方面からのバス

動物たちと触れ合える

昼間、六甲山牧場など他の観光スポットで遊ばれてから掬星台へ向かう場合は、『六甲摩耶スカイシャトルバス』で「摩耶ロープウェー山上駅」へ行かれると便利です。

*時刻表・運賃などはコチラ↓
https://www.rokkosan.com/cable/bus/timetablemaya/

*六甲山牧場への電車・バスはコチラの記事をどうぞ↓
『六甲山牧場へのアクセス!安い方法をわかりやすく!』

 

オススメなのは「オテル・ド・摩耶」

さて、ここまで摩耶山掬星台へのアクセスをお伝えして来ましたが、ここで

「ところで、お前自身はどうやって行ったんや?」

という質問が湧いて来られるかもしれません(^^;

ですので、念のため、お答えさせていただきますと、僕たち家族は「オテル・ド・摩耶」に宿泊しました

オテルド摩耶の入り口

「オテル・ド・摩耶」というのは、掬星台から徒歩10分くらいのところにあるホテルです。レストランが美味しくて、このホテルからもキレイな夜景を楽しめます。

宿泊客はホテルの駐車場を使うことができるので、ここに車を駐めて、ゆっくりと掬星台の夜景を見に行くことが出来ました(^^)

*オテルド摩耶についてはコチラの記事をどうぞ↓
『オテルド摩耶のレストラン!大人の時間を子どもと一緒に』

一番キレイなのは夜明け

また、宿泊すると、夜景だけではなく、幻想的な夜明けの景色も見ることができるので、個人的には超オススメです(≧∇≦)

 

まとめ

六甲山からの夜景

いかがでしたでしょうか?

もう一度、摩耶山掬星台へのアクセスについてまとめると……

  • 掬星台の手前 約500mの道路は、一般車両進入禁止!
  • 事故や車上荒らしが多発しているという噂がある
    (しかも、進入禁止の場所だから保険が下りない?!)
  • 車で行くなら摩耶山天上寺前のコインパーキングへ
    (駐車料金500円。懐中電灯があると便利!)
  • 車を使わない場合はバス&ロープウェイで
    (ただし、運休日と運行時間に注意!)
  • 個人的オススメは「オテル・ド・摩耶」で食事か宿泊

というのがポイントになります。

ちょっと怖い話をしてしまいましたが、掬星台からの夜景は本当にキレイなので、ぜひ大切な人と一緒に見に行かれて下さいね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ