自分に自信を持つ方法とは?大切なコト見落としてませんか?

自分に自信を持つ方法とは?

「自分に自信が持てない……」

そんな風に悩んでいる人が多いように感じます。

というか、僕自身が昔、自分に自信を持てない人間でした。だから、自分に自信をつけようと必死にあがいて来ました。

もしかしたら、あなたもそうかもしれません。

ですが、本やネットに書かれている方法を試しても効果が出ない……。そんな風に感じていませんか?

  • 人と比べない
  • 自分自身を褒める
  • 小さな成功体験を積み重ねる

などなど、自信を持つための様々な方法がありますが、それで本当に自信を持てる人は少ないのではないでしょうか?

少なくとも、僕はそうでした。色々な方法を試しても、効果が出なかったのです。

ですが、試行錯誤を繰り返す中で、世間で言われる方法には決定的に足りないものがあることに気づいたのです。

この記事では、その“決定的に足りないもの”とともに、僕なりに見つけた自分に自信を持つ方法をお伝えしていきます!

スポンサードリンク

自信を持つために欠かせないポイント

世間に沢山ある「自信を持つ方法」に“決定的に足りないもの”。それは……

「自信がつくのには、ステップ(段階)がある」

ということです。

 

もう少し詳しく言うと、

「自信のない状態から自信のある状態に、一気には変われない」

ということなんです。

 

冒頭でお話ししたとおり、自分に自信を持つための方法は、書籍にもネットにもあふれています。

ですが、それを実践したところで、自信のある状態に一気に変化することは無いのです。

 

もしかしたら、人や環境によっては、短期間で変化が起こって、一気に自信がつく場合もあるかもしれません。

ですが、自信の無い状態が長年続いてきた人が、たった数日で自信満々になるようなことは、普通に考えて起こりにくいと言えるでしょう。確率から言って、かなり低いのです。

つまり、自信というものは、数ヶ月から一年……場合によっては数年かけて、段階的に身についていくものなんです。

こんな風に上がったり下がったり、波が寄せては返すように、徐々に自信がついていきます

 

僕は5年かかりました

僕自身は、自分に自信を持つまでに、約5年の歳月がかかりました(^^;;

僕は現在35才ですが、大学卒業時に進路に失敗したことがきっかけで、自分に自信が持てなくなったんです。

引きこもりになって数年を過ごし、その後 無事に就職できたものの、自分に自信が無く、ずっと生きづらさや不安感を抱え続けてきました。

「こんな自分を変えたい!!」

そう思って書籍を読みあさり、コツコツ給料を貯めた貯金をはたいて150万円の自己啓発教材を買い、セミナーやコーチングを受けながら、必死であがいてきました。

そうやって試行錯誤した期間は、およそ5年。それだけの時間をかけて、ようやく「自分に自信が持てる状態」に辿りついたんです。

 

あなたには回り道して欲しくないから

あ。でも、「あなたもこれだけの金額と時間がかかる」ということではないですよ。

僕が、自信を持つために時間とお金がかかった原因は、「一気に変わろうとしたから」です。最初から、「自信を持つためには、ステップがあって、時間がかかるものなんだ」とわかっていれば、ここまで回り道をしなかったと思います。

 

だから、あなたには、まず初めに

  • 自信の無い状態から自信を持つためには時間がかかる
  • そこへ向かうためにはステップ(段階)がある

ということをお伝えしたというわけです。

 

自分に自信を持つためのステップ

「じゃあ、自分に自信を持つためのステップって何やねん?」

となられると思いますが、一つの事例をお伝えすると……

【1】全く自分に自信がない状態

【2】他者が自分を信じてくれる状態(この段階では、自分に自信はまだ無い) 

【3】他者が信じてくれる自分を信じる状態

【4】自分で自分を信じられる状態

という4ステップです。

僕は、こういった流れで、自分に自信をつけていくことが出来ました。

 

「他者との関わり」が大事

ポイントは「他者との関わり」ですね。

よくある方法だと、自分一人で何とかしようとする傾向が強いです。

  • ポジティブな言葉を毎朝唱えましょう
  • 自分で自分を褒めましょう
  • 自分を冷静に分析できる もう一人の自分を持ちましょう

といった感じで。

 

ですが、僕はそういった方法では、効果を感じませんでした。

だって、そもそも自分に自信が無いのに、その自信のない自分に褒められても、心の中で空虚に響くだけだからです。

自信を持つためにはステップがある

それよりも、他人との交流によって、自信は磨かれていきます。

仕事で関わる人たちや友人、もちろんのことながら両親や兄弟。特に、両親からの影響は、赤ちゃんの頃からかなり大きく受けますよね?

そうやって、他者との関わりの中で、自分の自信が形成されていくわけです。

 

というわけで、「他者との関わり」を押さえながら、一つ一つのステップを詳しく説明していきます!

 

【1】全く自分に自信がない状態

これは、あらゆることに自信がなく、行動を起こせない状態ですね。

  • 「なんで自信がないの?」と問われても、理由がわからない。
  • 「なんで行動を起こせないの?」と問われても、逆にこちらが聞きたいくらい。
  • 自分の思考や行動すべてに罪悪感を覚え、日々を過ごすことが苦痛。

こういった根拠のない不安感無力感が常に心を支配して、ポジティブな心の動きや、物理的な行動そのものを抑制しているような状態なのです。

全く自分に自信が無い状態

「自分で自分を褒める」では変わらない

こんな状態から、いきなり自分に自信を持とうとしても、ハッキリ言って無理です。

よく言われる「自分で自分を褒めましょう」という方法も、効果はありません。繰り返しになりますが、ネガティブで不安だらけの自分自身に褒められたところで、全く説得力がありませんから(^^;

 

また、

  • 自分を肯定しましょう
  • 自分を信じましょう
  • ありのままの自分を受け入れましょう

というのも効きません。

だって、今の自分に自信がないのだったら、「自己肯定」や「ありのままを受け入れる」というのは、矛盾でしかないですから。

「自分を肯定しよう!」「自分を信じよう!」とするあまり「自信のない自分」を否定してしまうことになるのです。

 

ですので、この状態から脱するためには、自分の力だけではどうしようもありません。他人の力を借りる必要があります。

スポンサードリンク

【2】他者が自分を信じてくれる状態

「他人の力を借りるって、どないしたらええねん?!」

「こんな自分のことを、誰かが信じてくれるわけないやん!!」

となられるかもしれませんが、大丈夫です(^^) 現代ではそう難しいことではありません。

他者が自分を信じてくれる状態

一番安心で確実なのは、ご家族やご友人で、あなたのことを無条件に受け入れてくれる人の力を借りることです。たくさん言葉を交わし、あなたに対するポジティブな言葉をより多く聞いて下さい。

そうやって、他の誰かがあなたを信じてくれる状態をつくると、その影響であなたの内面にも変化が生じてきます。

詳しくは後ほどお話ししますが、そうやって他人からポジティブな影響を受けることが、自分に自信を持つための第一歩なのです。そこから次のステップへつながります。

 

他人の力を借りる方法

ですが、「自分に自信がない状態」って、身近に肯定してくれる人がいないから、そうなってしまうんですよね(^^;;(むしろ、身近な人からこそ、ネガティブな影響を受けるケースが多いです……)

ですから、身近に思い当たる人がいないなら、以下のような方法があります。

  • 専門家に依頼する(カウンセリング、コーチングなど)
  • インターネット上で人と交流する(SNSなど)

僕は、2つとも実践しました( ̄▽ ̄)

 

専門家の力を借りる

僕が、自分に自信を持ちたくて試行錯誤していた頃、カウンセリングとコーチングを受けていた時期があります。1ヶ月3万円ほどで、およそ1年ほど受けていました。

振り返ると、かなりの金額をかけてしまいましたが、やはり専門家とあって、こちらがどんなネガティブ状態に陥っても無条件に肯定してくれます。また、自分では気づかなかった一面を引き出してもらえたので、徐々にポジティブになっていくことができました。

もし金銭的に余裕がある場合には、オススメです。

 

インターネットで人と出会う

もう一つの「インターネットでの交流」ですが、これは現代では本当に手軽にできますね(^-^)

今は沢山のSNSやブログがあって、そこで様々な人と交流ができます。素性を明かさず匿名でも人と出会うことができますから、かなりハードルが低いと言えるでしょう。

インターネットの良いところは、過去のしがらみや偏見を一切なくして交流ができることですね。まっさらな状態で出会うので、自分のことを好意的に受け取ってもらえるケースが多いのです。

そうやって新たな人との交流を深めていくと、自分の新たな一面を見つけてもらえたり、落ち込んだときに励ましの言葉をいただけたりするので、かなり効果的です。

僕自身、Facebookで沢山のご縁をいただきましたし、知り合いでも、SNSを活用して自信を身につけた方が何人もいます。

*ただし、インターネットでの交流で大切なのは、ポジティブに交流できる場所を選ぶということですね。媒体によっては、ネガティブな言葉が飛び交ったりするので、そういう場所は避けるようにしましょう!

インターネットで人と交流するのも有効な手段です

「専門家もネットも嫌や!!」

「そんなことやってられるか!」

という場合は、行きつけの飲み屋のマスターとかでもアリだと思います(^^)

とにかく、あなたのことを好意的に受け入れてくれる人を見つけましょう!!

 

【3】他者が信じてくれる自分を信じる

そうやって、誰かがあなたのことを信じてくれるようになると、あなたの中で少しずつ変化が起こるはずです。

あえて言葉にするのなら、「あ。こんな自分でもいいんだー」という感じでしょうか。

少しずつ、自分に自信が持てる感覚がしてくるのです。

 

他人に依存して自信を得る

ですが実は、こういった感覚は本当の自信ではありません。

いわば「誰かが自分のことを認めてくれるから、自分のことを認められる」という状態であり、「他人を通じて自分を信じている」という間接的な自信なわけです。

ある意味、「他人に依存した自信」と言っていいでしょう。

他人に依存して自信を得ている

あ。でも、この状態が悪いというわけではないですよ!

最初にお伝えしたように、自分に自信を持つには段階があるので、こうやって他人に依存する過程も必要なのです。

 

「依存の自信」は終わりが来る

ですが、この「誰かが自分を信じてくれるから、自分に自信が持てる」という“依存”の状態は、いつか終わりがやって来ます。

なぜなら、どんな人生も その人自身が固有で歩むものであり、その“誰か”の人生とあなたの人生がずっと重なり続けることはありませんから。(極端な例で言えば、どんなに仲の良い夫婦や親子でも、死によって別れがやって来ますよね?)

 

つまり、自分を信じてくれる “誰か”と離れるタイミングが、いつかやって来るのです。

それは、価値観や生き方の相違からかもしれません。あなたがその人に幻滅するからかもしれません。もしかしたら、その人があなたを裏切るからかもしれません。あるいは、人の力ではあらがえない“別れ”かもしれません。

何にしろ、悲しく厳しい出来事である可能性が高いです。

 

ですが、ここが、自分に自信を持つための正念場です。

スポンサードリンク

【4】自分で自分を信じられる状態

「信じていたあの人と、大ゲンカしてしまった……」

「あんな人だとは思わなかった……」

「まさか、裏切られるだなんて……」

自分のことを信じてくれ、自分もその人のことを信じていたのに、起こってしまう“別れ”。そんな風に傷つき落ち込んだときが、本当の正念場です。

別の言い方をすると、自分に自信を持つための“試練”なのです。

傷ついたときが、自信を持つための正念場

ここで悲しい気持ちや辛い気持ちに囚われすぎると、【1】の「全く自分に自信のない状態」に逆戻りする可能性があります。

ですが、ここで踏みとどまり、次のステップへ進むことができれば、本当に自分に自信を持つことができるでしょう。

 

最後に信じられるのは自分だけ

では、この“試練”を乗り越えるにはどうすれば良いのかというと……

「最後に信じられるのは自分だけ」

という覚悟を持つことです。

 

先ほども少し触れたように、どんな人の人生も、その人自身が歩むものであり、誰かとずっと側にいてくれるということはありません。結局、自分の人生は自分の力で歩むもので、自分自身のことも自分で信じる以外に無いのです。

自分の人生は自分の力で歩むもの

それに、ここまでのステップを踏めていれば、自分を肯定することは難しくないはずです。

今まで、【1】の「全く自分に自身がない状態」から

【2】他者が自分を信じてくれる状態

【3】他者が信じてくれる自分を信じる状態

というステップを踏んで来ましたが、これらは全て、あなた自身が生みだしたことです。

  • 「誰かがあなたを信じてくれた」というのは、「あなたは、人に信じてもらえる人間である」ということ
  • 「誰かを介して、あなたが自分自身を信じた」ということは、「もともと信じられるあなた自身がいた」ということ

というか、そもそも誰かと交流する行動を起こしたことそのものが、他の誰にもできない あなただけの功績です。

つまり、ここに至るまでの全ての経験・行動が、あなた自身を起点にして生み出された成果なのです。

 

自分で自分を褒めましょう!

そんなあなた自身を肯定することは、全く不自然なことではなく、矛盾もありません。

あなたが信じる誰かでもなく、誰かが信じるあなたでもなく、あなたが信じるあなたを信じれば良いのです。

そして、この段階であれば、

  • 自分で自分を褒める
  • 自分のことを肯定する
  • 人と比較しない
  • 冷静なもう一人の自分を持つ

といった方法が効果を発揮することになります。

ですので、この段階まで来れば、書籍やネットにある数々の方法を実践でき、加速度的に自信が高まっていきます。

あなたはもう、誰の力も借りず、自分に自信を持てるようになるのです(^-^)。傷ついた経験を乗り越え、自分で自分を信じられるステップへたどり着いて下さい!!

 

まとめ(ステップを踏むことが大事)

いかがでしたでしょうか?

ここまで、自分に自信を持つための方法を、ステップごとにご紹介してきました。

ですが、今回ご紹介したのは、あくまでパターンの一つであり、全ての人に当てはまるわけではありません。どんな人も、環境や性格、成長の仕方、人間関係などが違うわけですから。

ただ、「自分に自信を持つにはステップ(段階)がある」ということだけは押さえていただければと思います。

 

それを踏まえて、今回の事例のポイントをまとめると……

【1】全く自分に自信がない状態

ここで無理に自分を肯定したりしない(むしろ「自信のない自分」を否定することになってしまう)。他人の力を借りる。

 

【2】他者が自分を信じてくれる状態(自分に自信はまだ無い)

カウンセリング、コーチングなどの専門家を利用したり、インターネットで誰かと交流したり、自分を好意的に受け止めてくれる人を見つけ、信頼関係を築く。

 

【3】他者が信じてくれる自分を信じる状態

信頼できる誰かを介して、自分への自信を高める。ただし、これでは他人への依存なので、いつか終わりが訪れる。

 

【4】自分で自分を信じられる状態

自分を信じてくれていた人との別れなど、厳しく悲しい状況になることが多い。だが、ここが正念場。今までのステップの経験を元に、他の誰でもない自分自身で自分のことを信じる!

というステップになります。

 

最後のウラ話

で。実は……この4つのステップは、僕自身の経験に基づいていますが、他にも大きく参考にさせてもらったものがあるのです。

この長い記事を最後まで読んで下さったあなただけにお伝えすると、実は、『天元突破グレンラガン』というアニメのストーリーに沿っているんです。

 

「なんだよ……アニメかよ?」なんて言わないで下さいね! 僕にとっては、このアニメこそが最強の教材なのですから。

最初にお伝えしましたが、僕は自分に自信を持つために、150万円の自己啓発教材を買いました。ですが、そういった高額の教材よりも、このアニメを見る方が断然効果があったと思っているんです( ̄▽ ̄;;

そして、このアニメの主人公は、まさに、先ほどの4ステップを踏んで成長していきます。

よかったら、チェックしてみてください♪

*天元突破グレンラガンの公式サイトはコチラ

 

あなたがご自身に自信を持ち、より豊かな人生を歩まれることを、心からお祈りしています!!

 

コメントを残す

このページの先頭へ