妊娠中に血糖値が高いと言われたら?赤ちゃんは大丈夫?

初めての妊娠……

赤ちゃんのことを考えて
毎日、身体には気を遣っていたのに……

「血糖値が高いですね」

と病院で言われてしまった!!

「これってどういうこと?」

「どうしてこんなことになったの?」

「赤ちゃんは大丈夫なの?!」

検索からこの記事を見に来られたあなたは
そんな不安を抱えていらっしゃるかもしれません。

そんな不安を解消するためにも、
妊娠中に血糖値が高くなるとは
どういう状態なのかを見ていきましょう!!

20140704陣痛室01

 

赤ちゃんはだいじょうぶ?

まず最初にお伝えしないといけない……

というか、
一番最初にあなたが知りたいのは、

「お腹の赤ちゃんは大丈夫なの?」

ということでしょう。

ですので、先にお答えしておきますね。

だいじょうぶです。

ひとまず落ち着いて、
冷静に考えていきましょうね。

不安になったり心配になったりして
あなたの心が動揺すると、
そのストレスが赤ちゃんに影響を与えてしまうので、

まずは心をラクにしていきましょう。

 

ネットの情報は不安を煽る?

もしかしたらあなたは、
すでに他のサイトで
色んな情報をお読みになって、
不安になられているかもしれません(^^;;

なぜかネット上には、人の不安を
増長するような記事が多いです……。

実は、僕の妻も妊娠中に
「血糖値が高い」と言われたんです。

そして、ネットで色々調べて、
不安になってしまっていました……。

ですが僕は、あなたには
そんな想いをしていただきたくなくて、
今、このブログを書いています。

 

あなたに安心していただきたい

我が家ではその後、
妻は無事に元気な赤ちゃんを出産し、
その子もすくすく育っています。

ですので、あなたも、
まずはお心を落ち着けていただいて、

その上で、適切な対処方法
知っていただけたらと思います。

赤ちゃんのためにも、
お母さんが心を落ち着けること。

これが一番大事ですから♪

 

よろしいですか?

では、一つずつ説明していきますね。

 

スポンサードリンク

 

血糖値が高くなると、なぜよくない?

妊娠中に血糖値が高くなると、なぜ良くないのか?

その一番の理由は

赤ちゃんが大きくなってしまうから

です。

これを聞くと、

「え? 大きく育つのならいいよね?」

と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

赤ちゃんが大きくなっちゃったら……

出産のとき、お腹から出て来づらいですよね?

たぶん、あなたも痛くてツライと思います……。

ですので、お腹の中で
適正な体重で育ってくれるのがいいんです。

 

栄養がありすぎても良くない

妊娠中の母体は、優先的に
赤ちゃんへ栄養を送り込みます。

血糖値が高くなると、
そのぶんグイグイ赤ちゃんへ栄養が行ってしまって、
適正体重よりも大きくなってしまう可能性があるんですね。

場合によっては、
発育不全や奇形になりやすいという情報もあります。

つまりは、
栄養がありすぎて良くないということです。

ですので、普段食べる食事に気をつけて、
栄養をコントロールすることができれば、
そのリスクは下げていけるということになります。

 

妊娠中のあなた自身のためにも

他にも、赤ちゃんへの影響ではなく、
あなた自身への影響もあります。

  • 妊娠中毒症
  • 流産、早産 

などといったリスクも高まるのですが、
これも先ほどの食事でのコントロールで
抑えていくことができるものですから、
ゆっくりと対処していきましょうね!

20140323暮らし屋さん06

 

 

血糖値が高くなるのはなぜ?

では、血糖値が高くなったときの対処法を
お話しできればと思うのですが、

その前に……

「なんでこんなことになっちゃったんだろう?」

「わたしがいけなかったんだろうか?」

と考えられる方もいるかと思うので、

「どうして血糖値が高くなってしまうのか?」

その原因についてお話ししますね。

 

あなたの責任ではない

まずお話ししたいのは、

「ご自身を責めないでください」

ということです。

血糖値が高くなってしまうのには、
様々な要因がありますが、それは決して
あなたの責任ではありません

あなたは今まで、大事に大事に
お腹の赤ちゃんと過ごされてきているはずなので、
そこに自信を持ってください。

決して「血糖値が高くなったのは自分のせい」
なんて思わないでくださいね。

なぜならば、
妊娠中に血糖値が高くなるのは
身体の仕組み上、ある意味
仕方のないことだから
です。

 

血糖値が高くなる仕組み

妊娠中というのは、
赤ちゃんを育てるホルモンが胎盤から分泌されます。

ですが、これによって、ママさんの身体の中の
インスリンを効きにくくしてしまうんです。

インスリンというのは、血液内の糖を分解する物質です。
これが効きにくくなってしまうので、
血糖値が高くなってしまうんですね。

つまり、
赤ちゃんを育てるための胎盤が、
インスリンの効き目を弱くして、
結果的に血糖値を上げてしまっている
ということなんです。

もちろん、妊娠中でも血糖値が
基準値を超えないケースも多いです。

ですが、そういった
妊娠中独特の身体の仕組みによって、
基準値を超えてしまうんです。

また、実は遺伝も関係しているのですが、
(つまり、あなたのご両親の影響)

それも、あなた自身にはどうしようもできないですよね?

 

食べ物でコントロールできる

ただ、妊娠中、糖になりやすいものを
食べ過ぎだった可能性もあります。

甘いものはもちろんですが、
パンやご飯などの炭水化物もそうです。
(パンも、ご飯も、消化されると体内で糖分に変わります)

ですが、仮にそれが原因だとしたら、
その食事をコントロールしていくことで、
血糖値も下げていくことができますよね?

ということで、次に
血糖値を下げるための対処法を説明していきます!

 

スポンサードリンク

 

血糖値を下げるには?

では、血糖値を下げるにはどうしたらいいのでしょうか?

答えはシンプルで、

 食 事 と 運 動 

です。

 

食事で血糖値を下げる

まず、食事についてですが、
これは身体の中に入れる糖分を減らす必要があります。

ですので、お米やパンなどの炭水化物や
甘いものは控えるようにしましょう!!

それよりも、野菜など食物繊維が多めのものを
食べるように心がけてください。

食物繊維は、血糖値の吸収を抑える効果があるので、
食事のときは先に野菜を食べて、
あとから炭水化物を食べていくという感じで、
食べる順番に気をつけるのも良いでしょう♪

 

運動で血糖値を下げる

そして、運動についてですが、
無理のない範囲でチャレンジしましょう!!

体を動かすと、
筋肉が体内のブドウ糖を消費
してくれます。

なので、血糖値を下げるのに効果的なんですね。

できれば、継続して生活の中に運動を取り入れると、
血糖値を効果的に下げていくことができますよ♪

 

お医者さんの言葉を守る

また、お医者さんからも色々と指示があったと思います。

やはり血糖値に関しては、
お医者さん以上に頼りになる存在はいないので、
言われたことは守るようにしましょうね!!

(僕の妻は、血糖値の計測器具を渡されて、
 毎日、食事のあと、家で計測していました)

10378134_702422259804166_2564329978531317769_n

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

妊娠中にもし、血糖値が高いと言われたとしても、
あなたがすべきことは……

  • ・食事に気をつける
  • ・適度な運動をする
  • ・主治医の言うことを守る

これだけです。

特に難しいことでも、
不安になることでもないですよね?

何より一番大事なのは、

・あなたが心を落ち着かせて、
 お腹の赤ちゃんを大切にすること

です。

これをくれぐれも忘れずに、食事のコントロールや
運動に取り組んでいってくださいね(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ