1000円10分カットの真相!4つの予想外!!

「いつもの理容師は、1時間で3,000円。オシャレにスタイリッシュに、ひげ剃りやシャンプーまでしてくれる。僕はそのお店のクオリティが大好きだ。
 だから、1000円10分カットなどというのは、自分のプライドが許さない。
 ……が、もうすぐ人と会う約束がある。今のこの髪型だとマズイ。
 仕方がない……ここは変なプライドを捨てて、1000円10分カットで済ませよう!」

 

そんなわけで、1000円10分カットのお店へ初めて行きました。それにまあ「何事も経験だ!」ということで。

そうやって踏み入れた初めての1000円10分カットのお店。そこでは、予想外の真実が次々に明らかになったのです。

 

◆1つ目の予想外=設備がキレイ!

まずお店に入って一番に感じたのは、「キレイじゃん!」ということ。新しくできたショッピングセンターの店舗だったのもあるかもしれませんが、設備がすごく綺麗に掃除されていて、かつ機能的でした。

髪を切ってもらっている間、ちょうど目の前にテレビ画面のようなモニターがあり、その日のニュースが映し出されたりしています。その飽きさせない作りにもちょっぴり感動でした(^^)

髪を切ってもらうとき、僕はそんなに店員さんとの会話が得意な方ではないので(^^;、こういうのが整ってると非常にラクだなぁと。

 

スポンサードリンク

 

◆2つ目の予想外=店員さんが爽やか!

二つ目は、店員さんがニコやかで爽やかだった!ということ。ネットの噂では、こういうお店にいる人って、あまり質が良くないということを目にしていたのですが、僕が行ったところは、お店に入るなり、すごくニコやか&爽やかに対応してくださって、髪を切る前も丁寧に挨拶をして下さいました。

「おおー!すごく教育が行き届いてるんだなー」というのを感じました。

実はほかで、1,500円ぐらいのお店に行ったことがあるんですが、そこは若いお兄さんダラダラと接客して、髪を切るような感じです。そこと比べると、圧倒的に1000円10分カットのお店の接客の方がクオリティーが高かったです。

ですので、お店に入った瞬間、店員さんの笑顔にすごく満足したというか「やるなぁ1000円カット!!」と不覚にも思ってしまいました(店に入る前の“変なプライド”はどこへやら?)

 

 

◆3つ目の予想外=技術力が高い!

3つ目は、技術力が意外に高いということ。

今回、僕はすごく快適にスムーズにカットしていただくことができました。ネット上では「美理容師の墓場だ」という意見もあるんですが、そんなことは全然感じなかったです。むしろ、普段行っているお店よりも技術力が高かったような……。

今回の僕の髪型は、単純にバッサリ切ってもらう感じだったからかもしれませんが、短時間で沢山のお客さんをこなしているだけあって、素早くカットしてくださいました。

 

【Before】
20150606カット

  ↓  ↓  ↓

【After】
20150606カット2

他のお店だと、カットの最中、ハサミに引っかかった髪をひっぱられて「痛ッ!」となることがあるのですが、今回はそういうのも無かったんです。

 

 

◆4つ目の予想外=要望を聞いてくれた!

4つ目は、こちらの要望を意外に聞いてもらえた!ということです。僕の1000円10分カットのイメージは、「型通りの髪型にしか切ってもらえない」ということでした。でも、お店に入ると「ご希望の髪型をお伝えください」と書いてあり、「あ。いいんだ!」と(^^;;

今回、僕の希望は「長く伸びた髪を、夏仕様にするためにスポーツ刈りの一歩手前にしてください」という感じでした。ただ、それだとイメージが伝わりづらかったらしく、途中は何だかパイナップルのような感じになりました。(おそらく、気を遣って、あまり切らないでいて下さったんだと思います)

2015060610分カット
途中の“パイナップル“とはこんな感じ……

 

「いえ。もっとバッサリ行ってください」と伝えたところ、自分の希望どおりの髪型に仕上げてくれました。意外に要望を聞いてもらえる、とわかったことが、今回の大きな収穫です☆

 

ただし、無理な要望は禁物

あ。でも、「流行りの髪型にしてください」とか、芸能人とかの写真を持っていって「こんな感じにして下さい」というのは、たぶん無理なのでご注意を(^^;;

 

 

◆本当に10分でできるのか?

実は一番疑問に抱いていたことはコレでした。

今回僕は、実は15分ぐらいかかりました。でも、これは先ほども書いたとおり、こちらが途中で要望を加えたためだったりします。もしそれが無くてスムーズにカットを進めてもらっていたら、おそらく10分以内に仕上がったでしょう。

ですので、ここで気づいたのは「客の注文の仕方がポイントだ」ということ。髪を切ってもらうこちらが、希望の髪型をうまく店員さんに伝えること。これが10分で済ませてもらい、かつ満足の髪型に仕上げてもらうために必須条件なのです。

 

スポンサードリンク

 

◆ポイントは“注文力”

今回の僕のケースについても、もっと希望の髪型をわかりやすく伝えていれば、店員さんを迷わすこともなかっただろうし、もっと時間を短縮して切ってもらえていたと思います。

先ほども書いたとおり、技術力はある方だったので、それを引き出すためにも、かつこちらが満足を得るためにも、注文の仕方を磨いておくのが大事なのです。

たとえばですが……

・どれくらいの長さを切ってもらうのか?

・どれくらいの長さを残すのか?

それらを「○センチ切ってください」「○ミリ残してください」具体的な数字とともに示すのが良いです。

 

ヘアーカットの長さの参考例

ちなみに、一般的に言われる「1分刈り」「5厘刈り」などは下記のような長さです。

  • 5分刈り=9ミリ
  • 3分刈り=6ミリ(←今回のQBハウスではこれが標準とのことでした)
  • 1部刈り=3ミリ
  • 5厘刈り=2ミリ

●10カットで満足したいなら勉強を☆

10分かつ1000円で満足を得たいのであれば、こちらも注文の仕方を勉強すべきということですね。

ということで、1000円10分カットへ行かれる場合は、理想の髪型について具体的に説明できるようにしてから、行くようにしましょう!!

 

20150606カット3
今回、僕が利用したのは、『QBハウス』ららぽーと和泉店さん♪女性も立ち寄れるようなキレイなお店でした(^^)

 

◆まとめ

こんな感じで初体験した1000円10分カットでしたが、個人的には仕上がりはかなり満足でした。自分としては普段行ってるところが1時間で3000円かかるので、それに比べたらコストパフォーマンス的にかなり良いなという感覚でした。ヘタに、他の1500円くらいの理容室へ行くよりはずっと良い!!というのが正直な感想です。

ただ、もちろんのことながら、結局は切ってくれる“人”。店員さんとの相性もありますし、人の当たり外れが大きいという声もよく聞きます。

そのためにも、まずは あなたの“注文力”を磨いてからチャレンジしてみてください☆

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ