愛妻の日プレゼントの渡し方

妻に贈り物をするとき、

一番大事なのは、モノではなく その過程!!
 
 
昨日の記事では、

「女性には花をプレゼントをするといい」

ということを書かせていただきました。
 
ですが、重要なことが抜けていたので、
今回はそれについてお話ししたいと思います。
10592731_727335170646208_7747104818290399572_n 
 
奥様にプレゼントを渡すときに、
最も大切なのは、
 
 「どんなモノを?」ではなく
 
 「どんな風に?」です。
 
 
Yahoo知恵袋などのQ&Aサイトを見ていると、
 
「妻にどんなモノをあげたらいいですか?」
 
という質問があります。
 
 
そこに、男性が答える場合は、どうも
 
 「アクセサリーがいい」
 
 「バッグがいい」
 
 「温泉旅行がいい」
 
など、そのプレゼントの“内容”を答えています。
 
 
ですが、女性はそれとは違う方向で回答していることです。
 
まとめてしまうと、女性は「どんなモノか?」よりも、
 
 ・旦那さんがどんな風に
  そのプレゼントを買ったのか?
 
 ・どういう理由で
  そのプレゼントを選んだのか?
 
に、心を打たれるということです。
 
 
つまり、“モノ”(=結果)ではなく、“過程”ですね。
 
 
あなたが奥様にプレゼントを贈ろうとするとき、
たとえば……
 
「これだけ高級なアクセサリーで、
 これだけ高い値段だったら、きっと喜ぶだろう」
 
という気持ちで、プレゼントを買って渡したとしたら、
それは女性は喜びません。
(もちろん、好きなブランドだったり、
 そのアクセサリーが気に入ったりすれば喜びますが)
 
 
そうではなく、
 
「アイツ、いま何を欲しいと思っているのかな?
 あ。そういえば、最近 バッグが古くなったんじゃないか?
 ちょっとそれとなく、欲しいバッグを聞いてみようか……」
 
「そういえば、お気に入りのネックレス無くしたって言ってたな……。
 宝石屋に入るの慣れてないし、何を買っていいかわからんが、
 ここは思い切って店で聞いてみるか!!」
 
と言った、プレゼントを買うまでの
あなたの“気持ち”“行動”が何よりのプレゼントなのです。
 
 
そういったことを考えるということは、
それは、奥様のことを考える時間が増えるということです。
 
「自分のことをよく見てもらっている」
 
「自分に想いをかけてくれている」
 
そう感じることが、奥様にとって何よりの喜びなのです。
 
 
まとめて言ってしまうと……
 
・あなたがきちんと奥様のことを考えているか?
 
ここが重要ポイントになってきます。
 
 
そうやって、奥様の喜ぶことを考え、
そのために あなたが最善の努力をする“過程”
 
それが奥様によって一番のプレゼントなのです。
 
 
ですので、極論すれば、
「どんなモノを贈るか?」は重要ではありません。
 
Q&Aサイトを見ていると、モノではなく
 
「一日、夫が全ての家事をする日をつくった」
 
「ただ一緒にお出かけして会話をした」
 
といった話もありました。
 
 
これも、奥様のことをよく考えた結果に生まれた
素敵な“プレゼント“ですよね?
 
 
つまり、「何を?(モノ・結果)」ではなく
 
「どんな風に?(過程)」が大事なのです。
 
 
ですので、あなたが奥様に
最高のプレゼントをしたいなら、
 
まずは普段の奥様のことをよく見て、
どんなものを欲しがっているのかを精一杯考え、
  
そのために、ご自身のできる範囲で
一生懸命 プレゼントを手配しましょう。
 
 
プレゼントの内容が
奥様の欲しいものでなくてもいいのです。
 
「奥様のために精一杯考える」ということが、
奥様にとって最高の“プレゼント”なのですから。

コメントを残す

このページの先頭へ