2015年6月、『ファイナルファンタジーⅦ』(以下、「FF7」)がリメイクされることが発表されました。それも、ただのリメイクではなくフルリメイク。プレイステーション4に対応したソフトとして改めて開発されることになったのです。

「え? FF7って随分 古いゲームだよね? それが今さらリメイク?」

「なんで、古いゲームのリメイクがこんなに盛り上がってるの?」

「てゆーか、フルリメイクとリメイクの違いってなに?」

そんな疑問をお持ちの方も多いはず。そんなわけで、

  • 『FF7』とは何なのか?
  • どうしてこんなに人気なのか?
  • フルリメイクとはどういうことなのか?

をまとめていきます!!

 

◆FF7とは?

まず『ファイナルファンタジーVII』とは何なのかということですが、『FF7』は1997年に発売されたロールプレイングゲーム(以下、「RPG」)です。当時のプレイステーション(略して「PS」)用のソフトとして発売されました。

要するに、もはや15年以上も前の古いゲームということなんです。

ですが、その人気は爆発的なものでした。日本だけでなく世界にも人気が拡大し、約1100万本売れたゲームとなっています。

ちなみに、ゲームの定番である『スーパーマリオブラザーズ』は国内で681万本、全世界では約4000万本売れました。これと比較すると「大したことないじゃん」と思われるかもしれませんが、FF7が画期的だったのは「日本のRPGが世界に受けた!!」ということ。当時、日本のRPGは海外には受けないという認識だったのが、これを大きく覆したのでした。

つまり、『FF7』は日本のRPGが世界に飛び出す道を作ったということなんですね。

 

スポンサードリンク

 

◆『FF7』はなぜ人気?

では、なぜ『FF7』はこんなに人気なのでしょうか? これには、様々な意見があります。

  • 今までにない画期的なシステムだった
  • ストーリー展開がすばらしい
  • キャラクターが魅力的

などなどです。

ですが、最大の要因は、ゲーム画面の表現が画期的に変わったということ。これが、『FF7』の人気を押し上げたのです。

 

ゲームの表現に革新を起こした

それまでのゲームは平面的な表示でした。キャラクターや背景が2Dだったわけです。

☆『FF7』の前作である『FF6』はこんな感じです↓

 

ですが、これが『FF7』になって3Dの表示になります。ゲーム全編を通して立体的な表示になったわけです。しかも、時々発生するイベントのシーンでは、まるで映画のようなリアリティある表現がなされました。

☆1997年当時の『FF7』こんな感じです↓

『FF6』の動画と比較しても明らかなように、『FF7』では表現の質が一気に高まりました。この画期的な表現に、当時プレイした人は熱狂したのです。「これは革新だ!!」と。

ここに、先ほどの「すばらしいストーリー展開」や「魅力的なキャラクター」という要素が加わり、爆発的な人気となったわけです。

 

 

◆人気の理由は“よみがえる思い出”

ですが、ここで更なるポイントになるのが、『FF7』は熱狂した人たちの思い出に深く刻み込まれたということです。これが実は、今でも人気を誇っている秘密なのです。

例えばですが、あなたが思春期の頃によく聞いた音楽が、今テレビで流れたりすると一気に惹きつけられませんか?

僕は現在34才ですが、高校2年の1997年にヒットした曲は、安室奈美恵さんの『CAN YOU CELEBRATE?』でした。今でも、時々、テレビやラジオなどで『CAN YOU CELEBRATE?』が流れると、当時の記憶が一気によみがえってきます。部活に燃えてたこととか、友達とバカ騒ぎしたこととか、淡い恋に胸を焦がしていたこととか……。

『FF7』もこれと同じチカラを秘めているのです。今回、フルリメイクのニュースが出たときに熱狂したのは、主に30代の人たちですが、青春時代の熱い思い出が一気によみがえってきたはずです。

『FF7』が発売された1997年、「おおおおおおっ! このゲーム、すげえ!!」と感動し、友人とともに攻略に向けて励んだ記憶が、今でも鮮明によみがえる。

これが、『FF7』が未だに根強い人気を誇っている理由であり、今回のフルリメイクのニュースで多くの人を熱狂させた秘密なのです。

 

スポンサードリンク

 

◆フルリメイクとは?

これだけ強い人気を誇る『FF7』。今までにリメイクの要望やウワサは幾度となくありました。

1997年以降、ゲーム機もどんどんバージョンアップし、今では『プレイステーション4』(略して「PS4」)が発売されています。そして、その映像技術は当時とは比べものにならないほど進化。「今の映像技術で、もう一度『FF7』を楽しみたい!!」というファンの声は大きかったのです。

ですが、“外伝”のようなスピンオフシリーズは4作品ほど発表されていますが、『FF7』本編はリメイクされてきませんでした

2014年末に「PS4版で『FF7』が発売される」とう発表がありましたが、これは“移植”。PS1のもともとのバージョンを、移し替えただけのものでした。完全なる“焼き直し”であり、その発表はファンを大きく落胆させるものだったのです。

 

満を持してフルリメイクを発表

ですが、2015年6月、「『FF7』をPS4でフルリメイク!!」という発表がなされました。これは“焼き直し”ではなく、簡単な言葉で言うと「1から作り直す」ということです。

映像がPS4のハイクオリティな技術で作り直さることは間違いないのですが、それだけではなく、ストーリーやキャラクターにも大きく手が入ることになると言われています。

ディレクターを務める野村哲也氏はこう言っています。

ただグラフィックを作り直すだけではワクワクするものにはならないと思うんです。
(中略)
フルリメイクをするのであれば、違うアプローチで時代に合ったものを作らなくてはなりません。

http://www.famitsu.com/news/201506/17081075.html より引用)

つまり、先ほども言ったように、「1から作り直す」ということですね。そうやって発表されたティザー映像がコチラ↓

もともとの『FF7』を知らない方には意味がよくわからないかもしれませんが、本編を知っているものにとっては、ワクワクせざるを得ない要素が この短い映像に散りばめられています。

  • 物語の舞台となる都市のリアルな描写
  • 背中だけで表現しているキャラクターの個性
  • 当時を想起させつつもクオリティの高まった音楽

この映像だけでも、待ちきれなく感じている人も多いことでしょう( ̄▽ ̄)

 

 

◆まとめ

いかがでしたでしょうか?

『FF7』を全く知らない人や、発売当時プレイしなかった人にとっても、何となくイメージをつかんでいただけたのではないでしょうか。

とにもかくにも、『FF7』はゲームの歴史に大きな革新を起こした作品だったのです。

それがPS4でフルリメイクされるということは、また大きなブームを起こすことになるでしょう。これからの『FF7』の動きに要注目!!ですね。