浴室乾燥の電気代は安い?!姑の助言に妻は……?

雨の続く梅雨。あるいは気温の上がらない。こういう季節に悩ましいのは、洗濯物が乾きにくいこと。

20150706浴室乾燥 (2)

そんな時期、我が家では、妻がドラム式洗濯機で乾燥しているのですが、先日、僕の母にこんなことを言われました。

「浴室乾燥の方がオススメだよ♪」

と。

意外な母の言葉に、妻はたじろぎました。「ドラム式より浴室乾燥の方がいいのだろうか?」と。

「ヤバイ、このままでは嫁姑問題に発展?!」と危機感を感じた僕は、調べてみることにしました……

・はたして浴室乾燥は電気代が安くなるのか? 
・他にどんな良いことがあるのか? 

を!!

母が浴室乾燥を進めた真相を探り、妻が愛用するドラム式洗濯機と比較してきます!!

 

◆浴室乾燥の電気代は高い

まず、結論から言うと、浴室乾燥の電気代は高いです(^^;; 洗濯機で乾燥させる方が断然安い

もちろん、メーカーや製造年によっても異なりますが、どんなパターンで比較しても、ドラム式洗濯機の乾燥より浴室乾燥の方が電気代が高い!と言って間違いありません。

大雑把なまとめ情報ですが…………

・浴室乾燥機は 1回3時間ほどで60~80円

・ドラム式洗濯機の乾燥は、1回2時間半ほどで20~25円
(ただし、これはヒートポンプ式の場合。ヒーター式だと80円以上になってしまいます)

 

となると、やはり妻のドラム式洗濯機が勝利!ということになりそうです。

 

スポンサードリンク

 

◆浴室乾燥のメリット

ですが、これだと我が母が「浴室乾燥は良い♪」と言ったことがウソになってしまいます! うちの母は、自分で言うのも何ですが、ヒジョーに家族を大切にする人です(今のところ、僕の妻との嫁姑関係も良好です♪)

20150706浴室乾燥02

ですので、「浴室乾燥が良い」とすすめた真意があるはず!! というわけで、母からの意見も聞きつつ、浴室乾燥のメリットを調べました!

まとめると……

・お風呂場の換気と乾燥が同時にできる(風呂場のカビ発生防止になるのです)

・冬の寒い時期、お風呂に入るときの暖房替わりになる(急激な温度変化がなく、身体に優しい)

・しわくちゃにならず、キレイな仕上がり(洗濯乾燥機だと、どうしてもシワができてしまいますよね)

・たくさんの量を干せる(ドラム式の中に入る量は限りがあります)

・音が静か(うちはドラム式乾燥機を夜中に回しますが、その音が寝室まで響いてくる場合もあります(^^;)

 

こんな感じで挙がってきました。これだと、かかる電気代の分くらいのメリットはあるかもしれませんね。

 

 

◆洗濯乾燥のメリット

が、これだと妻の顔が立ちません! 妻の押すドラム式洗濯機での乾燥のメリットも挙げておきましょう!!

20150706浴室乾燥 (3)

・浴室乾燥より電気代が安い(先ほどお伝えしたとおり、浴室乾燥より圧倒的に安いです)

・洗濯から乾燥まで一気に仕上がるので楽チン(浴室乾燥だと、脱水のあと干す作業が必要)

・時間的な効率化ができる(夜お風呂上がりに洗濯物を入れてタイマーをセットすれば、朝起きたときに仕上がってます)

・タオル類がふかふかに仕上がる(実は、天日に干すよりもふかふかになります♪)

こんな感じでしょうか。

この「タオルがふかふか」というのが、我が家ではポイント高いです! 妻はタオルの触り心地を愛しています。「普段使うハンドタオルやバスタオルはふかふかが良い!」そこに大いなる幸せを感じているんですね。ですので、我が家では、このドラム式洗濯機での乾燥は外せないんです。

あなたも「洗濯するときの幸せポイントは何か?」 ぜひ考えてみてください(^^)

 

スポンサードリンク

 

◆大切なのはライフスタイル

さて、今まで母のすすめる浴室乾燥と、妻の愛用するドラム式洗濯機乾燥を見てきましたが、正直「どっちが良いとか悪い」とか、そういう話ではないと思いませんか?

たしかに、電気代だけ見ればドラム式乾燥の方が安価で経済的と言えるでしょう。

ですが、今まで見てきたとおり、母には母の価値観、妻には妻の価値観があります。どちらが良いとか悪いとかではないのです。

 

●あなたのライフスタイルは?

もっと言うと「どんな生活サイクルを送るか?」が重要なのではないでしょうか?

たとえば、マンションのお住まいの方であれば、浴室の換気が難しいので、浴室乾燥機はご自宅内の換気にも有効活用できます。逆に、一軒家で庭のあるご家庭なら浴室乾燥機にメリットはあまり無いかもしれません。

また、「家事が得意!洗濯物を干す作業が好き!」という人であれば、洗濯機の乾燥よりも浴室乾燥に魅力を感じられるかもしれません。

もっと言うと、お子さんが沢山いて洗濯機を回しまくるご家庭ならば、浴室乾燥でもドラム式でもなく、洗濯機から独立した乾燥機の方がいいかもしれません。

つまり、「浴室乾燥が良いか、洗濯乾燥が良いか」という二者択一はできず、結局のところライフスタイルや あなたの価値観や考え方によって、使う機械を選ぶべきだということになるのです。

 

 

◆生活全般から判断するのが経済的

ここで実は、お金の話とも関係してくるのですが、こういった家電を選ぶときに最も重要なことは、あなたの生活スタイルをスムーズにしてくれるかどうか? です。

20150706浴室乾燥 (1)

たとえば、もしあなたが「毎日の仕事が忙しくて洗濯物を干す時間も無い!」という場合、浴室乾燥を選ぶのはデメリットとなります。それよりも、一気に仕上がりのできるドラム式乾燥が良いでしょう。

あるいは、あなたが営業のお仕事をされていてカッターシャツの襟が整った状態が良い場合、ドラム式乾燥より浴室乾燥の方が圧倒的に有利です。乾燥のコストはかかりますが、シャツが綺麗な仕上がりになり、それによって仕事での業績がアップするかもしれません。つまり、乾燥のコストが上がってもお仕事が効率化して、最終的に経済的なプラスになるのです。

 

あなたの生活にあった方法を

今お話ししたのは あくまで一例ですが、生活の中にある家電……洗濯物の乾燥一つとっても、生活サイクルに大きな影響を及ぼします。

であれば、「どんな方法やどんな機械が経済的なのか?」よりも

・自分の生活スタイルには、どんな方法が合っているのか?

・どんな機械を使えば、生活全体がスムーズに流れていくか?

こういった視点で選んでいくべきでしょう。

つまりは、個々の手段や機械を見るのではなく、生活全般を見る大きな視点で物事を判断していく。そうすると、あなたにとって より経済的で快適な洗濯物の乾燥方法が見えてくるでしょう!

 

◆最後に……

以上、母の勧める浴室乾燥と妻の愛用するドラム式洗濯機乾燥について、電気代やメリット・デメリットを見てきました。

ですが、結局のところ、それぞれに価値観やライフスタイルを持っているので、それに合った乾燥方法で生活することになりそうです。つまりは、現状維持ですね♪(嫁ys姑の対決は回避です(^-^))

あなたもぜひ、あなたのライフスタイルや価値観にあった乾燥方法を選択して下さいね! それが結果的に、経済的にもよりプラスになるはずですよ(^-^)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ