おにぎりが三角の理由!食べるのが楽しくなる!

妻が大きな三角形のおにぎりを作ってくれました。

20150709おにぎり01

これを見ながらふと疑問が湧いて来ました。「おにぎりはどうして三角形なのだろう?」……と。

その疑問を調査したところ、様々な事実が浮かび上がってきました! 今回は「おにぎりが三角の理由」についてまとめていきます!

 

◆三角のおにぎりには神様が宿る

昔、日本の人々は神様をすごく大事にしていました。そして、その神様のチカラを授かるために おにぎりを三角にしたのです。

あ。唐突に始めてしまいましたが、これが おにぎりが三角になった由来です。と言っても、あくまで一説ですが、昔の人々は山に神様が宿るとしていて、その神様のチカラをいただくために、山の形を模して三角にしたという説があるのです。

これって、なんだかロマンチックで素敵ですよね♪ 若干こじつけの気もしなくはないですが、でも、昔の人々が山を大事にしていたのは本当です。

20150709おにぎり03

山の木々は降った雨を地中に蓄え浄化していました。そして、山から湧き出た水は川となり、人の住む場所まで流れ、田畑をうるおしていました。

昔の人々にとって、山は恵みを与えてくれるとても貴重で尊いものだったのです。神様が宿るとされたのももっともです。(実際、日本で最古と言われる大神(おおみわ)神社では、背後の三輪山が御神体とされています)

そんな大切な山をかたどって、神様のチカラを授かるために おにぎりも三角になったという話は、これからおにぎりを食べるときに、自然への感謝と元気な気持ちを与えてくれますね☆

 

●ちなみに……

おにぎりのことを「おむすび」と呼ぶこともありますが、これは神様の名前から来ているという説があります。

『古事記』などの日本神話には沢山の神様が登場しますが、その中に、「タカミムスビノカミ」「カミムスビノカミ」という偉い神様がいます。この神様のお名前の中にある“ムスビ”という言葉は、天地万物を生み出すチカラを表すとされて、この言葉をおにぎりに使うようにもなったのだとか。

つまり、神様のチカラを宿す三角形のおにぎりを「おむすび」と呼ぶようになった、という説があるんですね(^^)

 

スポンサードリンク

 

◆三角のおにぎりは弔事用?!

こんな風に、おにぎりには神霊的な考え方や風習がよく見られます。他には、「おにぎり=鬼切り」として魔除けの効果とする地域もありますね。

そして、最近有名なのが、NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』で取り上げられた話題。2013年秋~2014年春まで放映されたドラマですが、この中で、「大阪では三角のおにぎりは弔事用」という表現がされたのです。

『ごちそうさん』は、東京で育った主人公 め以子 が、大阪の旧家に嫁いできて食べ物をテーマに奮闘する姿を描いた物語。東京出身の め以子は、普通に三角のおにぎりを作っていたのに、それについて「大阪では三角のおにぎりはお葬式や法事に使うもの」と言われてしまったのでした。

ここにも、おにぎりに神霊的な意味合いを見て取れますね。

 

●ちなみに……

実は僕は、大阪生まれの大阪育ちなのですが、この風習を知りませんでした(^^;; ですが、こういった風習は、大阪の一部の地域で確かにあったようです。小さい頃を思い出してみると、僕の母が作ってくれていた おにぎりは確かに俵型ばかりでした。

 

 

◆おにぎりが三角である超合理的な理由

が、こういった歴史的な背景をぶっ飛ばして、現代の理由を探ってみます。現在では、コンビニのおにぎりは三角形が主流。どこのコンビニにも、沢山の三角おにぎりが並んでいますよね?

じゃあ、なぜこんなに三角が主流になったかというと……

・運びやすいから

・機械でつくりやすいから

・大きく見えるから

 

たしかに丸型とか俵型だと、運搬用に容器につめると隙間ができてしまいますよね? 三角形であれば商品を隙間なくつめて運ぶことができます。それに、三角形だと型をつくっておけば製造できますから、機械で作りやすいというのも納得です。

そして、最後の「大きく見えるから」……。そうです、少ない量でお客様に満足を与えて、コストパフォーマンスを最大化させるというのは、現在の企業には大事な姿勢です(少しフクザツな気持ちになるのは僕だけでしょうか(^^;;)

こういっためちゃくちゃ合理的な理由から、現在では三角形のおにぎりが主流になっているのですね。

 

スポンサードリンク

 

◆コンビニはパワースポット!!

「えー? さっきまでの神様の話がぶち壊しじゃん」というお声が聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください!

ここは、こう考えましょう。現代の文明のチカラにより、“神様のチカラ“が量産されているのだ、と。

そうです。機械で握られたとしても、たとえ運搬のためだとしても、大きく見せるためだとしても、“神様のチカラ”を宿す三角のおにぎりであることには違いありません。

ですので、現代のコンビニには“神様のチカラ”が宿るおにぎりが大量に並んでいる……。コンビニはパワースポットなのだ!と。

こう考えると、楽しくなりませんか?

 

 

◆まとめと我が家の理由

いかがでしたでしょうか?

おにぎりが三角である理由には「神様のチカラが宿る」などの神霊的な説があります。現代で三角おにぎりが量産されているのは、効率性の理由が強いですが、こういった歴史と結びつけて「現代は“神様のチカラ”が宿る三角おにぎりが量産されている」と考えていただくと、コンビニのおにぎりも魅力的になるのではないでしょうか?

こんな風に、おにぎりの背景に色んなストーリーを想像することで食べることが楽しくなるということですね♪

ちなみに、冒頭でご紹介した我が家のおにぎりですが……なぜにこんな形になったかと言うと、「七夕の夜に天気が悪くて星が見えなかったから、“夏の大三角形”の形を真似してつくった」と妻が言っておりました。

20150709おにぎり02

あなたのご家庭でも、オリジナルの理由やストーリーを作ると食べるのが楽しくなりますよ! 今回ご紹介した情報を参考にしていただいて、楽しくおにぎりを召し上がって下さいね!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ