イクメンとは呼ばないで!僕は“妻の夫”です!!

我が家の娘は生後7ヶ月。
 
僕自身、最初は子育てに
どう関わっていいのか、よくわからないでいました。
 
「妻のことが大事」
 
「子どものことが大事」
 
と言いながら、ちゃんと行動に移せていなかったんです。
 
20140720ゴマ誕生26
でも、子どもはすくすく育ち、
今は僕が近づいたり抱っこしたりすると、
満面の笑みを浮かべてくれます。
 
これって、今まで頑張ってきた
妻のおかげなんですよね。
 
 
本当に感謝ばかりです。
 
 
でも、感謝だけでは何も始まりません。
 
きちんと行動に移さないと……。
 
 
だから、いま妻が子育てで困っていることについて
僕なりにできることをしたいと思ったんです。
 
 
男として、父としてできることは、正直多くありません。
 
どんなに頑張って仕事をしても、
どんなに頑張って家事をしても、
どんなに頑張って子どものオムツを替えても、
どんなに頑張って子どもを抱っこしても、
 
やっぱり子どもは母親を頼りにしています。
 
 
僕は母乳をあげることはできませんし、
妻のようにあったかくて柔らかい体でもありません。
 
 
結局のところ、妻にはかなわないのです。
 
 
ですが、そんな中で思いついたのは、
子育てに関する情報の整理
 
 
一言に“子育て”と言っても、色んな考え方があります。
 
たとえば、同じ離乳食についても様々な意見がありますし、
抱っこ一つとっても、色んな方法が唱えられています。
 
 
「いったいどれがいいの?」
 
正直言うと、わかりません。
 
 
でも、色々情報を集めて、その中にある共通点を見つけたり、
自分たちに合った方法を見つけたり、
 
そうやって情報を整理するのは有効です。
 
 
そして、僕はそういったことが得意です。
 
 
また、やはり“子育て”というと、
インターネット上には女性からの視点で多く書かれています。
 
男性からの視点や意見はあまりない。
 
 
であれば、

 

 男性からの視点で、
 男性が読んでもわかりやすいように、
 情報をまとめていこう!!

  
そんな風に思ったんです。
 
 
ですが、こんなことを書くと……
 
「イクメンですね!」
 
と言われたりするんですが、違います。
 
 
たしかに子どもは可愛いし、子育ても好きです。
 
ですが、僕が一番好きで大切なのは妻です。
 
 
僕は、自分の天職が“妻の夫”であるとも思っています。
 
 
だから、このブログで書くことも、
子どものため、子育てのため、というよりも、
 
 妻 の た め
 
です。
 
(もっと言うと、自分のためでもあるんですけどね(^^;)
 
 
子育てを頑張る妻の支えに少しでもなれたら……。
 
その一貫として、離乳食や乳児の発達のことなどについて
書いていけたらと思っています。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ