泉北ライナーの評判が悪いのはなぜ?本当の理由とは

2015年12月、和泉中央駅と南海難波駅を最速で結ぶ『泉北ライナー』が導入された。

だが、泉北近隣の地元に住む人たちに聞くと、評判がからきし悪い。というか、「あんなの、乗る人おるんですかね?」という呆れ声まで聞こえてくる。

泉北ライナー

あ。冒頭で書き忘れてしまったが、私は、泉北高速鉄道沿線に住んでいる。そんな私の周りでは、泉北ライナーへの疑問や不満の声ばかりなのだ。

だが、本当に泉北ライナーは悪いものなのか?

・何の利点も無い特急なのか?

・問題があるとすれば、どこにあるのか?

実際に乗りながら検証してみた!!

 

◆料金が2倍になってしまう特急

『泉北ライナー』は、和泉中央駅と難波駅を最速の29分で結ぶという特急電車である。特急料金510円(子ども260円)を払えば乗車することができる。

だが、もちろんのことながら、この特急料金は乗車券とは別だ。和泉中央駅〜難波駅の乗車券は550円なので、510円の特急料金がプラスされると、合計で1,060円の料金となる。

つまり、通常料金のほぼ2倍の金額になってしまうのだ。

ゆえに、「あんな割高な特急、乗る人おるんですかね?」という声につながっている。

 

スポンサードリンク


◆特に速くならない特急

さらに、地元住民から疑問の声が上がっているのは、料金の面だけではない。時間に関してもそうだ。

泉北ライナーのキャッチコピーでは「最速29分」と謳われているが、ぶっちゃけ言うと、地元住民から見れば「最速」でもなんでもない

なぜなら、追加料金なしで乗れる「準急行」や「区間急行」も、約30分で行けるからだ。

「もともと30分ちょいで行けるのに、なんでわざわざ特急作ったんや?」という話に、地元ではなっている。

*ちなみに……準急行なら34分。区間急行なら31分である。

「特急」というのは、「特に急ぐときに乗る」「めっちゃ速い!!」というもののはずだが、泉北ライナーは時間短縮が特に感じられないので、その存在意義が疑問視されているというわけだ。

空席だらけの泉北ライナー

しかし、だからと言って、泉北ライナーに利点が無いというわけではない。

 

◆「必ず座れる!」という利点

そんな泉北ライナーだが、実際に私も乗ってみた。すると、この電車の利点が浮かび上がってきたのである。

それは「必ず座れる!!」ということだ。

「は? そんなことか?」と思われるかもしれないが、少し待っていただきたい。

 

●小さい子連れでも快適♪

私が初めて泉北ライナーに乗ったのは、家族と一緒だった。

私たちには、1才9ヶ月の娘がいる。そして、その日は遠方に旅行へ行くため、荷物が多かった

そんな状況だったので、確実に座れる泉北ライナーは非常にありがたかったのだ。

娘はまだまだ小さく、電車に乗るとじっとしていない。じたばたと動いたり、時には声を上げたりもする。

いつも電車に乗るときは、正直、肩身の狭い思いをしてしまう。それが、旅行用の大きな荷物を抱えてとあっては尚更だ。

泉北ライナーの座席

もし泉北ライナーではなく、準急行や区間急行であれば、ずっと娘を抱いてずっと立ったままだったろうし、周りに迷惑をかけてしまっていたでだろう。

つまり、泉北ライナーの大きな利点は

・必ず座れる

・ゆったりと過ごせる

・大きな荷物も気にならない

というものなのである。

 

●通勤・通学で使うメリット

これはもちろん、家族連れだけではなく、通勤・通学の場合にも当てはまる。

  • 会社に行くまでに、満員電車で消耗したくない場合
  • 取引先へのプレゼンがあって、精神を集中したい場合
  • 学校で大切なテストがあって、集中して勉強したい場合
  • 仕事で疲れて帰るときに、ゆっくりと休みたい場合

などなどには、この「必ず座れる」というポイントは大きな効果を発揮する。

実際に、私も、仕事の関係で一人で乗ったときには、ゆったりとパソコンで作業することができた。

だから、こういった観点から見れば、泉北ライナーには大いに存在意義があるし、特急料金の510円も決して高くないと言えよう。

 

スポンサードリンク


◆評判が悪い本当の理由

ならば、なぜ近隣住民には、泉北ライナーの評判が悪いのか?

先ほどまでお伝えしてきた「料金が高い」「時間短縮にならない」という理由であれば、単に乗らなければいい話である。泉北ライナーではなく、今までどおり、準急行や区間急行に乗れば良いのだ。

だが、周りの声を聞きながら突き詰めて考えると、不満を呼ぶ大きな要因が浮かび上がってきた

それは、泉北ライナーそのものではなく、泉北ライナーが他の電車に及ぼす悪影響である。

具体的に言うと、泉北ライナーにかち合うと、次の準急行や区間急行までめっちゃ待たされるということだ。

 

●泉北ライナーのせいで時間ロス!

実はこれは、私自身も経験がある。そのエピソードをお話しさせていただくと……

その日は、仕事の関係で大阪市内に出ており、夕方、泉北方面に帰ろうと南海難波駅に着いた。すると、いつものホームから、和泉中央駅行きの準急行が出発したところだった。

時計を見ると、16時27分。

通常、難波から和泉中央行きの電車はおよそ10分間隔で発車しているので、いつも通り次の電車を待った。

だが、その数分後、私は驚きの光景を目にする……。

「え? 泉北ライナー?!?!」

そう。ホームに入ってきたのは見慣れない車両。18時35分発の和泉中央駅行き泉北ライナー65号だったのだ。

その日は一人だったし、特段急ぐ用事もなかったので、わざわざ特急料金の510円を払おうとは思わない。

となると、次の準急行か区間急行を待つことになるのだが……

「ええ?! 次の準急は45分発?!」

そう。16時27分から16時45分……つまり、次の準急行まで20分近くも待つことになってしまったのだ。

難波駅の泉北ライナー

もともと10分間隔に慣れていた地元住民にとって、これはストレス以外の何物でも無い。

聞くところによれば、私の妻や友人も、泉北ライナーの時間にかち合ってしまったことで、長く待たなければならなかったという不満の声を聞いている。

つまり、泉北ライナーがあることによって、準急や区間急行に乗る人に支障が出ているのだ。

だから、地元住民に評判が悪いのは、泉北ライナーそのものへの不満なのではなく、泉北ライナーが及ぼす他の電車への影響のためなのである。

 

◆泉北ライナーと上手く付き合うには?

とはいえ、不満ばかりを訴えても、何の解決にもならないし、鉄道会社にも色々な思惑やオトナの事情があるだろうから、そう簡単にダイヤが改正されることも無いだろう。

「半年か一年したら、減便されてマシになるのでは?」という噂もあるが、あくまでも噂の域を出ない。

であれば、地元住民としては、泉北ライナーに不満や疑問を投げるだけではなく、上手く付き合っていくことを考えるしかあるまい。まるで、突然引っ越してきた隣人と付き合うように……。

だが、問題となるのは、先ほど出てきたように「待たされる」という点なのだ。しかも、泉北ライナーの便数は比較的少ない。

であれば、「いつ走っているのか?」を何となくでも把握しておけば、先ほどのような不幸な事態も避けられるであろう。

光明池駅の時刻表

ちょっぴり最寄駅の時刻表をチェックし、泉北ライナーの時間を避けて出かけることを心がけようと思う。

スポンサードリンク

 

10 Responses to “泉北ライナーの評判が悪いのはなぜ?本当の理由とは”

  1. 通りすがり より:

    同意します。
    せめて「特急サザン」のように自由席車が4両ぐらいついててくれれば文句なく利用者にとってこの上なき存在で
    泉北ライナーの価値観が増えてくるだろうしどうでしょうか。泉北高速鉄道さん・・・。

    それかその「サザン」と「泉北ライナー」スイッチバック形式で連続運用ダイヤに組み込めればされだけでも
    ライナーの存在意義がみなおされつつあってもおかしくないように思えるのですがいかがでしょうか。

    • バヤ より:

      コメントありがとうございます!!

      > 「特急サザン」のように自由席車が4両ぐらいついててくれれば
      本当にそのとおりですね(^^;

      同じ時間帯に、特急券なしでも利用できる形があれば、多くの人が快適に乗れると思います!

      いずれは何かしらの対応がされると思いますが、それまでは辛抱ですね・・・(^^;

  2. きゃのん より:

    通りすがりさんの意見に同感です。

    南海電鉄・泉北高速鉄道の話によると、今後泉北ライナー専用車両の導入を検討しているそうですが、特急専用車ではなく指定席4両+自由席6両の編成を投入し、この問題を解決すべきだと思います。泉北高速鉄道線は最大10両運転が可能にもかかわらず10両運転は現在行われていませんので、これを活かす道としてサザン方式の編成での運行を提案したいですね。

    • バヤ(管理人) より:

      きゃのんさん

      貴重な情報とご意見、ありがとうございます!!

      たしかにそうですね。最近は10両編成を見なくなりました……。
      通りすがりさんのおっしゃるように、サザン方式の運行が、僕もベストだと思います。

      このブログは、ただの一個人のものですが、
      「皆さんの声が届きますように!!」
      と、いつも祈っております。

  3. デジタル より:

    職場が和泉中央駅から南海バスで10分程のとこにある者です。
    御堂筋線沿線に住んでいるため、中百舌鳥で乗り換えて通勤していますが、泉北ライナーによるダイヤ改悪で、通勤時の地下鉄や南海バスとの乗り継ぎが無茶苦茶悪くなりました。
    いつも乗っていた時間の、電車が光明池止まりになったりで、多くの同僚もこのダイヤ改悪に憤慨しています。
    さっさと無くなれ泉北ライナー!

    • バヤ(管理人) より:

      デジタルさん、コメントありがとうございます!!

      > 和泉中央駅から南海バスで10分程のとこ
      すごくイメージが湧きます!

      なるほど……そちらへ通勤されている場合は大変ですね(>_<)
      僕は、和泉中央から難波方面へ出かけることが多いのですが、逆に、下り方面へ出勤される方の視点は今まで考えていませんでした。

      デジタルさんがおっしゃるように、乗り継ぎが悪くなったり、光明池止まりになったり……というのは、すごく不便だと思います(T-T)

      やっぱり、なんとか改善してほしいですよね……。

  4. 公務員 より:

    領収書さえあればいいから料金は高い方がいい

    • バヤ(管理人) より:

      公務員さん

      コメントありがとうございます!
      たしかに、そういう考え方もありますね(^-^)

  5. 通りすがり より:

    沿線住民を悪く言うわけではないですが・・・。泉北高速は運賃が高いということで、南海に買い取ってもらって南海との乗り継ぎ割引でなんばまで安くなったわけで、願いがかなった形になります。しかし、営利を目的にする民間会社になったことで増収する施策を考えるのは当然のこと。なんばまで安くしろ、ダイヤは今までどおりにしろでは少しわがままな気がしますね。

    • バヤ(管理人) より:

      通りすがりさん

      コメントありがとうございます!!
      貴重な視点をいただき、うれしいです(^^)

      増収する施作を考えるのは、私も当然のことだと考えています。
      私も、近隣住民の一員として、泉北高速鉄道には続いてもらいたいですし、収益も上げていっていただきたいです。

      ただ、今回の泉北ライナーの導入が増収につながっているのか?というと、疑問に感じざるを得ないのです(>_<)

      ポツリポツリとしか乗車していない泉北ライナーの車両を見るにつけ、
      「これは、大幅な赤字になってりうのではないか?」
      といつも思ってしまいます。

      あ。泉北ライナー導入後の泉北高速の収支がどうなっているのか、正確な数字を見たわけではないので、あくまで感覚の話です。

      ただ、本当に泉北高速が自社の増収を考えるのであれば、むしろ泉北ライナーのような特急の導入ではなく、特急を導入せず、今までの準急や区急を淡々と走らせるダイヤの方がメリットがあったのではないかと考えます。
      (その方が、新型車両を導入するコストを削減できますし、下手に近隣住民の不満を触発することがありません)

      あるいは、他の方のコメントにある通り、サザン方式で、一部の車両は有料でゆったりとした形にするというのも、増収につながりそうな気がします。

      ともあれ、結局は泉北高速(と“お上”の方々)が決めることなので、色々と“オトナの事情”があるのだろうなー、とは推察しています。

      それを飲み込みつつ、こちらの主張もしつつ、上手く付き合っていけたらと思っています(^^)

      今回は貴重な視点をいただけて、こちらも考えが深まりました!
      本当にありがとうございます。

コメントを残す

このページの先頭へ